Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

今、一番大切にしたいことは何ですか? 内には「健康」外には「地球環境」こう答える方は多いと思います。時代はこんなライフスタイルを「LOHAS」と呼んで期待しています。 先日、二人の太めな厚労副大臣が、メタボリック症候群対策を発表していました。「これから半年ウォーキングに励んで、腹回りを6センチ、体重を5キロ減量する」 出来るかな、公約。 自分の足で歩くと、普段気づかなかったものを発見し、感動したりします。グッドアイディアが閃く事もあります。行き交う人に会釈して、人にも地球にも優しく出来ます。私たちは車依存症から脱却すれば、リッチになれます。 ウォーキングは心身の健康に良いことばかりか、感動があります。私自身のささやかな感動を皆様にお伝えし、共感の輪を広げ、「LOHASU」な世界にご一緒したいと考えて、ブログします。 ところで、副大臣様歩数計をお持ちでしたが、それにUSBをつないで自動記録を残したらどおでしょうか?さらに、ウォーキングデータを「仮想旅」マップに表示したら、国会や霞ヶ関への通勤路が憧れの街道歩きに移行できますよ。 6ヶ月で「腹回りを6センチ縮める」のは切実でも、楽しくありません。6ヶ月で「中仙道」を踏破する計画に変じれば、楽しくなるし、データも残せます。グーグルアースの3Dマップに表示するので、画面は斬新ですよ。2008年4月に「健康指導」が義務付けられますが、一番肝心な「運動データ」が出来上がっています。USB歩数計を使えばメタボ対策は容易になります。 私たちは「LOHAS」な人の輪を広げたいと計画しています。
    0 0

    柿の木坂東光寺で「田の神様」を詣でて私達は九品仏に向かいました。九品仏は元々は吉良家の「奥沢城の跡に「浄真寺」を建立したモノです。現在の自由が丘駅は東急線開通当時は「九品仏駅」だったものを、大正時代に現駅名に変えて、お洒落な街のコアになったのだそうです。九品仏の駅名は大井町線に残されています。九品仏の品とは上品とか下品と云う品の事で、人間の生まれを3つ育ちも3つに区分しあの世に置いても「九品 浄土(9の等級に分けられた浄土)や九品蓮台(同様の蓮台)」があると説明しているのです。「個性尊重、平等」を共通認識とする現代にはそぐわないとも思いますが。人間には様々なタイプの人が居るのは事実です。。浄土教 では極楽往生の際に九つの階位を表しており、人の往生には「上品・中品・下品」の3つがあり、 さらにそれぞれの下位に「上生・中生・下生」あり、合計9ランクの往生があると説いています。私は下品下生」ですから、下品下生の阿弥陀様に往生をお願いしなくてはなりません。何度も登っている九品仏ですが、来るたびに楽しみや発見があるモノです。都内でこんなに武蔵野の気分が味わえる処は滅多にありません。九品仏か、池上本門寺か、洗足池か井の頭公園位です。でも、指折り数えると随分沢山あります。寺も神社も来る人を拒みませんから、公園の様なモノです。日本の都市は公園が少ないので、マンションや宅地開発をする時には、公園や緑地割合を義務付けて来ましたが、こうした寺社を公園だと思えば欧米以上に公園や緑地割合が高いので、今後はこうした規制を廃止して、保育所や託児所等の施設設置を義務付けたら良いような気がします。
    イメージ 1
    東急大井町線九品仏駅から九品仏に向かう。参道の突き当りが九品仏の玄関「般舟場」の扁額の罹った西門。「般舟場」とは「般舟」とは般舟三昧の事で「つねに行道念仏して現前 に諸仏を見奉るを言うそうで、扁額は二世珂憶の高弟珂慶 上人筆と説明してありました。右側の矢板で囲っているのは何かと思えば「目黒区」が施設を新築していました。
    イメージ 2
    西門を入るとお地蔵様が迎えてくれました。小さな手で銀杏の葉を握っておいででした。
    イメージ 3
    お地蔵様の東側は閻魔堂で閻魔様が祀られています。「何れお世話になりますが、出来る限りお呼びになるのは遅くして下さい」お願いしましたが。
    イメージ 4
    閻魔様の左隣には奪衣婆がおいででした。今年は立山で安曇野(観松院)で閻魔様に奪衣婆に挨拶しました。
    イメージ 5
    此れは九品仏の仁王門です。仁王像は中々の迫力です。
    イメージ 6
    仁王門の脇 北側)には4基の庚申塔が置かれています。最初から此処に祀られていたわけでは無く、奥沢村か目黒街道沿いに祀られていた石仏を九品仏に遷座したのでしょう。この正面にベンチがあるので何時もこのベンチに腰かけて庚申塔に「最近は正直に生きています」報告しながらお茶を飲みます。
    イメージ 7
    屹度自由が丘で挙式・宴席するカップルなのでしょう。最近は中国や韓国スタイルで、記念写真を九品仏で撮影していました。化粧直しする様子を見て上品なれども「下生」だな思いました。
    イメージ 8
    此方は東側におられる「薬師如来です。この薬師さまと相対する位置に九体の阿弥陀如来が祀られています。約如来の瑠璃光浄土表現するように天蓋や欄間彫刻が絢爛と輝いています。
    イメージ 9
    薬師如来を横から見上げると驚くほど怖い表情です。というのは薬師如来は丈六である上に須弥壇上におられますので、目線が下向きなのです。近くでそれも横から見上げる事は想定していないので写真の様に目が吊りあがって見えてしまうのでしょう。
    イメージ 10
    此方は本堂と正対する位置に建っている三棟の阿弥陀堂の中で中央の上品のお堂、三体の丈六の阿弥陀様が並んででおいでですが中央が(上生)左が中生で右が下生です。前机に飾られた蓮について増上寺と知恩院から寄贈されていますがどちらも「大本山」とされています。浄土宗には本山が7つも在るので、知恩院だけが「総本山」と自称しています。その為でしょうか?増上寺の札が大きくなっていました。こんなことに気付くのは私が坊主の子倅の性分が抜けていないからでしょう。
    中央の上品堂の阿弥陀様はこの春登った時は芸大に遷座されてお留守でしたがこの日は三体とも所定の位置に戻っていました。前机に飾られた花傘は修理後の開眼法要の時に奉げられたものでしょう。この日は中品堂の阿弥陀様が遷座されていました。中品堂の阿弥陀様の修理が終えたら次は下品堂です。私は自身の生まれが下品で育ちも下生だから下品堂の右側「下品下生」の阿弥陀様が私の願いを聞いて下さる思って下品堂に回ると修理前の阿弥陀様を観たいと思ってか、お客様が上品堂より混んでいました。それとも下級老人が多い所為でしょうか?今年の流行語がもうじき発表されるでしょう。「下級老人」嫌な言葉です。下品下生よりも嫌な言葉です。昭和50年代は全国民が「中品中生」と自覚して、それなりに生甲斐を感じていたのですが、昨今は少数の上品上生が出現して。多くの人が中品中生から下品下生に落下しています。
    下品堂から出ると先刻遇った新婚カップルが境内を歩いていました。
    イメージ 11
    下品堂の前を歩いて帰ろうとする新婚カップル。紅葉も精一杯喝采している様に輝いて見えました。
    イメージ 12
    此方は中品堂の前の萱の巨木と紅葉。緑が濃いから紅葉も綺麗に見えます。
    イメージ 13
    此れから修理を開始する下品堂では、勧進(寄付)を募っていました。阿弥陀様の光背に付けられる懸仏(化仏)と書いています。に勧進すると名が記されるというのです。立派な阿弥陀様ですが国の文化財指定は受けていないので修理費は九品仏が工面するか東京都の支援受けなければなりません
    東京都の文化財指定を受けている。今回の修理で何か発見があれば重文指定を受ける可能性は高いと思います。近年江戸時代の文化財は絵画を中心に評価が高くなっていますが仏像は鎌倉時代までで、その後の評価は悲しい程低いのです。



    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックお願いします。


    0 0

    寝室の壁には一枚カレンダーを貼ってあります。一枚カレンダーは先々の予定を練るには最適ですから。1枚カレンダーの製作は時宗青年会です。時宗の若手お坊さんの組織なのでしょう。
    絵は国宝の「一遍上人絵巻」です。毎年同じ絵巻の様々な場面を使っていますので、上人の遊行の生涯を観る想いがします。
    私は毎年初詣の折に新年のカレンダーを戴いて帰ります。カレンダーには時宗の年間行事も記されています。11月27日には○が書かれていて欄外に「一つ火」と案内されています。
    イメージ 1
    遊行寺の掲示板に貼られた「一つ火」のポスター。ポスターには「静寂の中火打ち石で明りが灯され、一遍上人の法灯が繋がる」の趣意が書かれています。私は「狐火」みたいな炎だなあ!直感しました。
    私は「遊行の盆」には毎年参加(見物)しているのですが、「一つ火」には一度も参加した事はありませんでした。同日はワイフはお出かけ、私一人で「一つ火」を観に行く事にしました。午後3時遊行寺に入ると、本堂横にも寺務所にも「一つ火」のポスターが貼ってあります。真っ暗闇に「ボッ」と火が灯った写真です。
    去年も大銀杏の黄葉を観に遊行寺に登って銀杏の実を拾って帰りました。遊行寺は大銀杏も素晴らしいし、菩提樹や白木蓮等銘木、古木が多く楽しみも多いのです。
    イメージ 2
    本堂前の大銀杏は落雷にも負けずに年々歳々春には若緑晩秋には黄葉して楽しませてくれます。
    イメージ 3
    重文の中雀門越しに観た大銀杏、寺務所前には春には牡丹秋には花茄子、初冬には写真の様に箒草が草紅葉になって楽しませてくれます。落葉掃除や庭木の手入れ草花の栽培は時宗青年会の仕事のようです。
    イメージ 4
    一遍上人像の周囲には紅葉が染まって上人を荘厳するようでした。
    「一つ火」の始まるのは午後5時です。次々にお坊さんが登って来られます。屹度全国に散っている時宗のお寺のご住職が本山に集まって来ているのでしょう。良いお顔でご挨拶されています。屹度青年僧の頃に遊行寺で修行を積みこの日は久々に顔を揃える「同窓会」の様なモノなのでしょう。
    イメージ 5
    遠来の御坊様を迎える遊行寺のお坊様清々しくも爽やかな表情で居られました。
    午後4時若いお坊さんが本堂に上がられ雨戸をあけて用意を始められました。
    私は本堂前扉のガラス戸に顔を押し当てて本堂の中を窺がいました。
    既に沢山の御坊様が集まっておいでで本堂外陣にはお檀家の方々が白い法被に絡子(らくす)を首にかけて打ち合わせをしていました。内陣と外陣の間には写真で視た注連縄が張られています。注連縄は横綱の化粧まわしの背中の様に姿で結ばれています。
    私はお坊さんに訊いてみました。
    イメージ 7
    本堂の内陣と外陣の境に12本の灯心を用意し5時からの「一つ火」の開始を待つばかりになっていました。
    「外陣と内陣の境に置かれているのは注連縄と考えて良いのですか?」
    お坊さんは笑顔で教えてくださいました。
    「あれは注連縄と云うよりは一つ火の灯心です。蝋燭の灯心と同じ役割を果たします」
    私は自分の考えをぶつけてみます。
    「灯心と云われても、私には横綱の化粧まわしの結び目のように見えます。土俵も注連縄で聖域と現世との境界を示すものと思えば。灯心の機能を果たしても注連縄と同じ意味と思った次第ですが・・・」
    すると
    イメージ 8
    これは「一つ火」行事の写真(出典は遊行寺HP。中央の導師が本尊前の灯心に火打ち石で火を灯して。順次12本の灯心に火を移して行きます。参列者は明るくなった堂内で法悦に浸るのです。
    「一つ火もお相撲も神聖な行事ですから”境界に注連縄を張る”のは自然な事です。処で今晩は冷えますから気を付けて下さいね!」
    私を遊行寺の信徒と思われて、今日の宗教行事に最初から最後まで参加すると思われたのでしょう。
    御坊様の期待を裏切るようですが、私は未だリハビリ中、遊行寺前から我が家に向かうバスが出ます。5時半私はバスに乗って帰路に着きました。
    11月27日から今日まで3週間の間ズッと時宗に「一つ火」行事が伝わったか?考えて来ました。漸くおぼろげながらその意味も解って来たので今日ブログにアップして自分の考えを整理しておこうと思います。
    【火炎土器の呪術】
    今年の秋,火炎土器を観ました。観たのは糸魚川の「フォッサマグナ博物館」でした。博物館の隣が「長者ケ原遺跡」なのです。一見して長岡にある国宝の火炎土器と同じで糸魚川まで火炎土器文化圏は広がっていたのか?」思いました。一般に人類が火を使い始めたのは旧石器時代、野火を観て「焼け死んだ兎」でも食べて焼けた肉が美味しい事を知ったのでしょう。縄文時代には土器で煮焚きすれば食物の範囲が広がる事を知りました。人類が「火の利用」を始めてから、ヒトの社会文化的進化は急激に早まりました。人類は火を調理に使い、暖を取り、獣から身を守るのに使い、それにより個体数を増やし て行きました。火を使った調理は、ヒトがタンパク質や炭水化物を摂取するのを容易にしました。 火により寒い夜間にも行動ができるようになり、あるいは寒冷地にも住めるようになり、 ヒトを襲う獣から身を守れるようになった。 人類による単発的な火の使用の開始は、 20万年も前に始まるといった説が有力なようです。有名な北京原人にも火を使った痕跡が確認されているそうです。最初期は、火を起こす ことが 大変あった事から火は人間を集団生活するように促したと思われます。
    イメージ 6
    これはフォッサマグナ博物館に展示されていた糸魚川の「長者ケ原遺跡」の出土品火炎土器が出色です。
    今年は先月末に亀ヶ岡遺跡や三内丸山遺跡にも行きました。どちらも縄文土器で著名ですが、火炎土器では無く縄文の名の謂れ通りで意匠は蛇でした。蛇は気持ち悪いし神秘的です。土器に蛇をデザインしたのは土器の機能(煮焚きや貯蔵)を果たしてくれるよう蛇の呪術に期待したのでしょう。
    一方火炎土器はもっと直截的で、火そのものの神秘性に期待した呪術だったのでしょう。縄文時代の食糧は獣や団栗等を狩猟し採取していました。肉を食べるには火を通す事で柔らかくなるし食中毒にもならないで済みます。団栗や栃の実は茹でる事で毒や灰汁が抜けます。貝は茹でる事で死貝と生貝を区別できます。火を通せば消化もし易くなります。火の活用で食物の範囲は拡大しましたし、暗闇も火の灯りで恐怖感を消し去れます。
    陸奥の「縄文土器」よりも越後の「火炎土器」の方が類感呪術としてもストレートで解り易いのです。
    【火を分ける事の民俗的意味】
    縄文人は竪穴住居に住まい中央に火を焚き家族は火の回りに集って食事をし暖を取り灯りとしていたでしょう。火の回りに集えば安全であり食事もとれたのです。近世の囲炉裏も縄文時代に始まったと思われます。縄文時代には囲炉裏の周りに集まっては食物は均等に分けて食べていたのでした(原始共産制)。だから日本民族は火を大事にしてきたのです。火を粗末に扱ったり火遊びする者は厳しく咎められてきたのでした。
    火の伝統は宗教の世界では「法脈」として尊重されてきました。高野山の弘法大師を照らお灯明は絶対に一瞬たりとも消しません。
    民俗の世界でも大切に扱われてきました。本家からは「分家」が出来る時には本家の火を分家に分けました。一般に「竃の火を分ける」と云いました。私の生家でも「火鉢の灰」でさえ、庭の焚火の残り火や灰では駄目で秋葉様のお札に守られた台所の火や灰を種火(灰)として使っていました。法事でも蝋燭や線香の火はを百円ライターで点けずに本尊前の蝋燭の火を種にして使い回ししていました。種火は本堂の須弥壇上に置いたマッチで点けました。マッチを擦る動作は火打ち石を打つ動作と似ています。
    「同じ釜の飯を食う」とは絆を固める場合に良くする事ですが「正確には「同じ火で煮炊きしたモノを食べる」事で民俗的家族的団結を強くする意味です。
    【時宗にだけ一つ火が続いた訳】
    火を大切にする信仰や習俗は連綿と続いてきたのですが、現代では薄れて来ました。「秋葉様」や「愛宕様」と云えば火の神様ですが今ではすっかり忘れ去られてAKB48の方が馴染みです。
    ガスや電気が普及して火の管理が楽になった事も一因でしょう。
    でも、火の恩恵は旧石器時代も現代も基本的には変わりません。阪神大震災や糸魚川火災の時だけ「火の怖ろしさ」に気付くだけです。
    でも焼け跡を観ると気付きます。人間の欲望の的の建築物も財産も跡形も無く灰になって消えてしまっています。仏教は因果律を大事にします。欲望があるから解脱出来ないと説きます。時宗では一切合切阿弥陀如来に託すこと教えにします。欲望を消滅し切って、阿弥陀に心身を委ねる事に通じるように思うのです。一遍上人は熊野に於いて宗教人としての確信を得ます。
    熊野は火祭りで有名な聖地です。時宗が火を重んじるのは宗祖以来の伝統です。
    イメージ 9
    『一遍上人絵巻』一遍一行、「右から4人目右の3人は超一(奥様)超二(娘)は熊野の「中辺地」で熊野権現の化身であった僧に出会う。左の山から降りてきた一行が熊野権現(出典遊行寺発行一遍上人絵巻。
    何時かは一つ火行事の始終を遊行寺の本堂で観たいものです。後ろ髪を引かれる思いでバスに乗り込んで家路に着きました。




    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックお願いします。



    0 0

    戸塚駅に隣接した『戸塚モディー』の地下1階に地方の「美味いモノ店」が入れ替わり立ち代わり出店します。この前までは山形のズンダ餅でしたが、今週からは長野小川村の「縄文お焼き」に代わりました。小川村にはこの秋糸魚川からの帰り道で通りました。
    イメージ 1
    糸魚川からの帰路「塩の道」を小谷から白馬に戻り、白馬で左折北上すると長野への近道になります。その途上に小川村があります。今日の話題の「長野のソウルフードお焼き」は鬼無里の名物でしたが、長野オリンピック以降は「小川村」が最も有名になりました。
    白馬から長野オリンピックに際して新設された「五輪街道」を走って川中島に出たのでしたが、その途中小川村を通りましたので「道の駅」で「お焼き」を戴きました長野を旅すると「小川村の縄文お焼き」は随分目に着きます。小布施の帰りにも「道の駅」で戴きました。飛騨の「五平餅」か、信濃の「お焼き」か双璧です。昔はドライブしていて小腹がすくと「御手洗団子」を戴いていたのですが、今は「お焼き」が圧倒しています。
    イメージ 2
    これが「小川庄のお焼きです。スタンダードは餡に「野沢菜の漬物」でしたが、最近は写真の様に様々な具が入る様になりました。写真出典小川庄のHP。
    イメージ 3
    小川庄は北アルプスの風光が明媚な事でも有名です。
    イメージ 4
    私達が小川村を通った時は雨でしたので肝心の北アルプスは眺められませんでした。でも道の駅で「お焼き」は戴きました。
    イメージ 5
    これは庄屋だった「中村家住宅/大町市美麻青具/重文」です。五輪通りの脇にあります。小川村はもう少し北(右)です。
    イメージ 6
    此れは中村家住宅の風屋(母屋)の居間です。四角い囲炉裏は「お焼き」を振る舞うには最適です。囲炉裏は字の通り。炉傍で冷えた足を温め、お焼きを食べて焙じ茶をを飲めば体の芯から温まれます。
    イメージ 10
    これは中村家の墓所に祀られた双体道祖神です。囲炉裏端は「火」を起こす聖なるところで、祖先神とも通じます。墓が四角い石になったのは最近の事で、江戸時代は自然石に写真の様な「洞」を刻みました。勿論中世は五輪塔や宝篋印塔です。中世に始まった板碑が近世の石塔墓標に変わったと思われます。この写真では左の双体道祖神が風化したので。右の自然石を新しく祀ったモノと思います。
    イメージ 7
    小川庄では囲炉裏傍で「お焼き」を焼いてもてなします。冷凍したお焼きを電子レンジでチンして食べさせるのではなく、炉端で焼いてもてなすのは楽しい事です。この雰囲気作りを「縄文」の言葉で表現したのでしょう。先月津軽の「亀ヶ岡遺跡でも「三内丸山遺跡でも囲炉裏を観ました。この囲炉裏は「四角いのですが。縄文時代の囲炉裏は丸くて、家族は炉の周りを円座に坐って食べ物を均等に分配しました。
    「お焼き」の何が美味しいのか自分でも良く解りませんが、「お焼き」はチャンスがあれば食指が伸びてしまいます。本当は「月餅」の方が美味しいお菓子だと思うのですが「月餅」と「お焼き」が並べられたら、私は迷わずお焼きを手にします。
    私の血液には「囲炉裏端」で食べるお焼きがの郷愁として浸みこんでいるのかもしれません。加えて小川庄は「縄文お焼き」のブランド名をつけてしまいました。序に「縄文クッキー」に「縄文珈琲」も商標登録してしまえば良いと思うのですが。
    縄文クッキーはクッキーの中にナッツや団栗の粒を混入させるのです。平林寺の裏山で団栗を拾って帰りました。何時か縄文クッキーを作ってみようと思っているからです。千葉の名物「ピーナッツ煎餅」のピーナッツの代わりに団栗を入れたようなものです。出来上がったイメージは「鳩サブレー」です。
    イメージ 8
    これがピーナッツ煎餅です。縄文クッキーはピーナッツの代わりに団栗や山栗やクルミが入ります。
    縄文珈琲は珈琲に「くず粉」か「片栗粉」でトロミを加えるのです。縄文お焼きには「くず粉のトロ味」の入った「城門珈琲」が最高です。くず粉のトロ味が美味しいのは秋月の名店「高木久助」の「本葛粉に小豆」等を食せば納得できます。「小豆に葛粉」でさえ美味しいのですから「珈琲に葛粉」で珈琲味の葛湯を売り出せば)人気沸騰するでしょう。
    イメージ 9
    これが「葛湯」です。秋月の高木久助商店http://www.kyusuke.co.jp/new.htmlの「葛湯」は葛粉の中に生姜や蜂蜜で飲み易く、体に良い様にしてあります。香り付に珈琲をオンしたモノが「縄文珈琲」です。これも試飲してみようと思っています。
    そんなこんなで「縄文お焼き」食べたさで戸塚駅前のモディーに出かけて「城門お焼き/野菜」と「金平牛蒡」を買って来ました。ワイフと半分づつ分けて戴きました。飲み物は「焙じ茶」では無くて「珈琲+ミルク」です。ミルクの代わりに葛粉を使えば「私の推薦する縄文珈琲です。





    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックお願いします。



    0 0

    毎年12月に入ると三溪園に紅葉を楽しみ、中華街で食事をするのが習慣でした。今年も12月7日に出かけて、食事も終えて相談しました。
    イメージ 1
    写真は中華街の酒屋です。日本酒の前面に白酒の甕が並んでいました。白酒は日本で云えば濁り酒や焼酎です。今年もお終いこれから愈々寒くなる今頃は「北京ダック」か「子豚の丸焼き」と「水餃子」を食べて冬越しの英気を養います。お酒は白酒です。日本酒は杉樽で発酵させますが中国は甕で発酵を促します。「土の文化」と「木の文化」の相違を実感します。
    イメージ 7
    此れは山下公園の南を走る山下通りです。写真のホテルはニューグランドで、この通りの銀杏は名物ですが今年は少し遅すぎました。
    イメージ 8
    山下通りを越せば山下公園です。冬薔薇の向こうに氷川丸が停泊しています。
    イメージ 9
    山下公園の北側にはガールスカウトの像があります。台座には次の説明が記されています。ガールスカウト日本連盟が世界連盟加入をした1962年に記念建立。台座 には「やくそく」と名名付けられて、2人の少女(左が日本の少女)が、左手で握手右手で敬礼しています。氷川丸も日米修好の為に建造された事を想えばこの場に相応しい記念像です。
    去年はこの後山手に登って西洋館を巡ってクリスマス飾りを観て廻った、これから如何する?」
    中華街から山手に行くにはバス便もありません。歩くのは少し負担です。其処で対案を思いつきました。中華街から北に歩けば5分で山下公園です。山下通りは銀杏並木の名所ですし、氷川丸前はバラ園です。冬の薔薇は『冬薔薇/ふゆそうび』と呼ばれ、その香りの気高さが際立ちます。氷川丸を観て、冬薔薇を鑑賞してホテルグラントで珈琲なんて、『クリスマスの爺婆デート』には格好です。ホテルグランドはアールデコの建物でシルエットロマンスにはピッタリの雰囲気です。
    イメージ 2
    氷川丸は日本郵船の所有(国の重文)ですが、乗船口は横浜港ベイクルーズ入口の隣にあります。観光客で時間とお金の在る人はクルーズ船に乗って横浜駅東口に行きますが、氷川丸に乗船すれば動かないまでも海からの横浜の形式が満喫できます。
    イメージ 3
    氷川丸に乗船するとクリスマスムードが一杯でした。
    そこで、ランチの腹ごなしに北に向いて歩き始めました。華僑キリスト教会の脇を越えて創価学会の豪華建物に反発を感じながらその脇を北に歩けばホテルグランド(西)とスターホテル(東)の間に出ます。横断歩道を越せば山下公園です。関東大震災で生じた瓦礫で埋め立てて作ったのが山下公園です。災害を克服して作った公園は横浜市民の自慢であり心の拠り所でもあります。その岸に氷川丸を停泊しているのも何かの偶然でしょうが、昭和初期に竣工してシアトル航路で活躍した三菱重工製の豪華客船が、戦後は「大陸から敦賀への引き揚げ船」として活用され日本人の目に焼き付けられました。
    イメージ 4
    氷川丸の航路を示した博物館のパネル。横浜からシアトルがメイン航路でした。
    イメージ 5
    シアトル航路用に建造された氷川丸でしたが戦中戦後は病院船・引き揚げ船に転用されました。(博物館のパネルを撮影)
    イメージ 6
    1961年からは山下港に係留され、横浜市民のシンボルとして、重文の栄誉も受けて過しています。
    横浜市民でありながら氷川丸に入っていないのは引け目を感じていました。今週初めは埼玉県の志木に行きました。”埼玉からみなとみらい線に乗り継いで来た観光客は山下公園から横浜駅東口にクルーズ船に乗るか、乗らない人は氷川丸のデッキから海を見て帰るのだろう”想像しました。
    イメージ 10
    一等客室の外のデッキで写す。向こうに見えるのはみなとみらい地区、客船が停泊しているのは大桟橋。左(西)側に見えるのが山下公園です。
    日本郵船には飛鳥が就航した時見せて戴きました。今迄船に乗ったと云えば新潟港から佐渡の両津港まで、博多港から釜山港まで、どちらも高速フェリーでした。ですから豪華客船に乗った事はありません。だからこうして氷川丸の桟橋を渡るのでさえ胸が躍ります。それに今日はクリスマスムード一杯なのですから。船内に喫茶スペースでもあったら、コンソメスープでも戴こうかな?欲望が頭を擡げます。
    イメージ 11
    此れは一等客室の食堂です。
    イメージ 12
    此れは一等客室の部屋です。ツインベッドにアールデコの装飾が眼に付きます。
    イメージ 13
    一等客室の廊下です。今はクリスマス飾りで統一されています。
    イメージ 14
    此れは一等客室の中でも特別な部屋です。この部屋は椿に藤に枇杷がステンドグラスされていました。別の部屋には鳥がデザインされていました。
    でも。缶コーヒー一杯のサービスもありませんでした。本町にある「郵船記念博物館には喫茶コーナーが常設されているのですが。考えれば氷川丸にはそんな媚びた施設はありません。「重要文化財の中でスープを飲もう」云った下心自体が不埒なのでしょう。最近は文化財に悪戯されている事件が多発しています。彼方此方に監視カメラが設備されているし警備員が巡回していました。そんな次第で文化財のアールデコの椅子やソファーがあっても座れませんでした。
    イメージ 15
    此れが氷川丸の構造図です。煙突の真下がエンジンのある機械室その下が船員の部屋で私達が見学できるのは機械室のフロア以上です。煙突の右側進行方向に3階建部分がありますが上から操舵室船長室その下が一等客室その下が三等客室になります。何故か二等客室はありませんでした。
    船は船底から数えれば5階が船長室で6階が操舵室です。杖なしで歩くには負担も危険も大きなモノがありました。でも、アールデコを目の当たりにするのは軽い眩暈と勇躍する悦びがあります。白金の庭園美術館や隣接する「朝香邸」も重文のアールデコデザインの建築ですが、氷川丸のそれは国威をかけた意匠であり、欧米のハイソを「おもてなし」しようとしたのでしたから。
    イメージ 16
    此れは一等客室の娯楽室です。トランプに興じたのでしょう。他に読書室がありました。
    イメージ 17
    此れは娯楽室の天井照明です。総じてアールデコで統一されていましたが子の天井照明だけは和風でした。
    氷川丸が竣工したのは1930年(昭和5年)でした。12千トンの豪華客船でした。気になったのは氷川丸が浮いているのか、それとも船底は柱で海底に固定されているかのの疑問でした。隣にクルーズ船が発着しても少しも動じないのです。タラップを降りる時も少しもタラップは動きませんでした。横須賀の戦艦「三笠」のように固定化されているのかもしれない。固定化されていたら重文には不適格ではないか…。思いました。
    イメージ 22
    氷川丸のタラップ少しも動じないので足元の悪い私も安心して降りられました。
    もう一つ調度品や甲板を磨いている少年が居たのです。
    イメージ 20
    此れは船長室のデスクです。左のラッパ状の筒は操舵室に繋がっていて此処から船長は指示を出します。
    調度品は真鍮製品が多いので磨けば有毒の緑青で手が黒く汚れてしまいます。訊けば「浜中」の生徒だとの事。”「はま中」は解ったけど浜の字は如何書くの?”訊いたら、憮然として「横浜の浜ですよ」叱られてしまいました。
    イメージ 18
    操舵室から外を観ると甲板を掃除している中学生の姿が目に入りました。勿論船長室も彼等が磨き上げていました。
    イメージ 19
    船内の手摺もアールデコでした。見事に磨かれているのも浜中の生徒の情熱の成果です。氷川丸は横浜の誇りなのです。
    イメージ 21
    此れは機械室に並んだエンジンです。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックお願いします。




    0 0
  • 12/12/17--11:34: 田圃に刻まれた歴史
  • 12月9日(土)は日吉の日文研セミナーに出席しました。先ず過って横浜博物館で観た「新羽の杉山神社の『大蛇の注連縄』を観ようと、地下鉄「新羽駅」で下車して。真っ直ぐ北に歩いて行きました。写真を撮って弘前の林檎公園に「イブの林檎」を提案しようと思い、その企画書に「藁で作った大蛇」を添付しようと想ったのでした。ところが杉山神社からの帰路の道を迷ってしまい、丘を越えて地下鉄「高田駅」まで2時間も歩いてしまいました。我ながら良九歩いたモノです。
    この日のセミナーは工学部の学生が発表し、テーマは「シンセサイザー」でした。「シンセサイザー」の歴史に始まり、どうして音が出るのか電子工学的手法により電子音をを合成して聴かせてくれました。スクリーンには美しい棚田が映されていました。シンプルな電子音による音楽が棚田の美しさに通じる処があると思いました。
    以来1週間私は田圃の事を考えていました。「シンセサイザー」の画面の棚田はタイの山岳地帯かフィリッピンの奥地のモノでしょう。
    イメージ 1
    これはフィリッピンの奥地の棚田です。棚田の畔は等高線に沿って石積みされていますが。日本の棚田とは違います。それは、フィリッピンやタイの田圃は地下播きで、田植えや稲刈りが無くて稲穂だけを何度も刈り取るのです。日本の棚田は田植え・草刈・稲刈り・刈干しを繰り返すので。その道具が畔にあります。
    日本の棚田とは明らかに違います。等高線に沿って石垣を積んで。「方形に水を張る処は同じですが、日本のお米は手間のかかるジャポニカ米、東南アジアのお米は直播きすれば何度も稲穂を刈り入れできるインディカ米なのです。
    イメージ 2
    これは奥能登の白米千枚田です。昼間見れば田圃の畔に刈干しの木や棚が設えて在ります。
    2年前の今頃私達は奥能登の「白米千枚田」を観に行きました。能登の山が日本海に没する海岸の断崖地(地滑り地)に石垣を積んで猫の額ほどの狭い田圃が鱗の様に積み上がっていました。夜に輪島の宿から千枚田を観に行くと田の畔にLED灯が点いて見事でした。
    奈良の西の京は昨今は住宅開発が盛んですが私の学生時代は一面の田圃でした。薬師寺の近くのバス停は「九条」です。京都で九条と云えば京と駅前ですから、平城京の九条がこんな田圃の中かと驚きます。でも古代の条理制が今も残されていることに感慨を深くします。平城天皇は田圃を条理に区画整理して成人男子には1区画の田圃位(一反)女性にはその三分の二を口分田として分け与え。税を決めさせたでした。この時既に日本の条理は長方形に田圃も長方形に区分されていたのです。「何故田圃は正方形でなく長方形だったのか?」役人の気持ちになれば直ぐに判ります。長方形にすれば短辺を確認すれば直ぐに全体を把握できるのです。一枚の田圃を一反と数えます。一反の田圃から収穫できるお米を一石と数えます。一石のお米は俵で四つです。古代も現代も同じで役人は執りやすい方法で税制を決め。住人も田圃にくっ付けて把握しようとするのです。今進行中の住人番号制は平城京以来の役人の願望です。
    大黒様は俵の上におわします。
    イメージ 3
    此れは日本最大の大黒様で鶴見の総持寺の寺務所棟に祀られています。大黒様は稲作豊穣の守護神ですから俵の上においでです。
    レポーターは子工学的手法により楽音等 を合成して見せました。団塊世代からは『シンセサイザーの音はデジタルで冷たい、音楽はアナログでなくてはいけない』発言されました。私は学生世代からは楽器が苦手で音痴なのでカラオケは逃げ回っていました。そんな自分であってもシンセサイザーなら『音で自己表現』が出来ると思いました。
    イメージ 4
    此れは朝日新聞の記事日吉の銀杏と戦争の史実を伝えていました。
    イメージ 5
    此れは日吉来往館のロビーに展示された戦争体験「聞けわだつみの声」のハイライト安曇野の上原少尉の遺構がパネルになっていました。
    イメージ 6
    セミナーから帰宅する時は既に夕闇で銀杏も闇の中でした。
    高校の授業では次の様に教わりました。
    「平城京も平安京も唐の都長安を真似て作りました。都をの通りを碁盤の目状に整備し中央に南面して皇城(大極殿、御所)を置きました。皇城から真っ直ぐ南にのびた大道路を置き東西に西一条一里)西一条二里)と区分しました。碁や将棋で位置を示すのと同じで誰もが土地の位置を的確に把握できたのでした。平地だからこそ条理性が適用できるのであり、棚田や山では条理では呼べません。
    平城京や平安京が平地だから条理性で田圃や住宅地を指示出来たのです。
    碁盤も将棋盤も枡は正方形に見えますが、条里制では縦は狭く横が広い長方形です。何故長方形なのか?疑問は華南やベトナムの田圃を観れば解ります。
    華南やベトナムでは田圃を耕すのは力のある牛で、牛に鍬を曳かせているのです。牛を効率的に操るには直線距離が長いと効率的なのです。平城京では既に牛を使って田圃を耕していたのです。牛と鍬が長方形の口分田を決定づけていたのです。華南やベトナムの米は長粒米(インディカ米)です、一方日本の米は短粒米(ジャポニカ米)です。ジャポニカ米は手がかかります。毎年春に植え替えします。植え替えの際して他の雑草よりも成長していないと雑草に負けてしまいます。だから稲は苗代で大きくしてから、田圃に植え替えします。植え替えに際して5株程度に揃えて植えるのも、雑草に負けない工夫です。
    田植えを終えたら次は田の草取りです。田の草取りは人力だけで行います。牛は使えないのです。「鍬」を使って稲株の間に生えた雑草を鋤取ります。「鍬」は「櫛」の様な格好をしていて、雑草を「梳きとる」道具です。弥生遺跡からは色々な形をした鍬が出土しますと。

    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックお願いします。

    0 0

    氷川丸でクリスマスムードを満喫したのですが、氷川丸には珈琲サービスはありません。船内を歩き廻って疲れました。何しろ素敵な椅子があっても重文だから腰掛けられないのです。そこで、当初予定通りホテルグランドの前にやって来ました。グランドもアールデコの文化財です。此処で喫茶をする積りでしたが、お隣はスターホテルです。スターホテルの1階ロビーに面して「Eggs ‘n Things」が目に付きました。「Eggs ‘n Things」は数年前来た時には長蛇の列でした。
    イメージ 1
    これが「Eggs ‘n Things」の山下公園店ですスターホテルの1階で右(西)隣りはグラントホテルです。
    当時は江の島「片瀬浜店」も長蛇の列で、隣のマックが気の毒な状況でした。若い女の子のスイーツ好きは気まぐれでもう飽きられたのかも知れません。歩道から覘いてみれば子連れのお母さんが居ます。爺婆が入店しても気後れしなくて済みそうです。メニューを観れば先日観た自由が丘のモンブラン一つと看板商品の「ホットケーキ」が略同価格です。写真で視れば、ホットケーキは5枚も在るので夫婦でシェアーすればコスパは最高です。
    そこで、初めて入店してみました。アロハを着てた可愛いお嬢さんがオーダーを取ってくれます。隣の席はキャピキャピギャル3人組が陣取って、やはり色々注文してシェアーしています。その中に、店員さんにスマートフォンのシャッターを押して貰っていました。観ているとホットケーキがお皿の上に5枚程乗ってまるで天神様の梅花紋の様に置かれています。「ドクダミの花」に似ています。
    イメージ 2
    此れがドクダミの花です。ホットケーキが花弁で、生クリームが雌蕊でどこと無く似ています。
    5枚の花弁の中央には雌蕊のように生クリームが盛りつけられています。その上にシロップを充分に垂らして食べています。フレンチトーストよりも甘そうです。これは糖尿病の爺さんには有害なスィーツのようです。
    イメージ 3
    これが「『Eggs ‘n Things』の看板メニュー「ハワイ風パンケーキ」です。
    イメージ 4
    私達はパンケーキ1080円をシェアーして戴きました。
    イメージ 5
    既にパンケーキは充分に甘いのですが。テーブルに置かれた各種シロップを好みで掛けて(メイプルシロップやグヮバシロップ』、気が狂う程甘甘にして食べます。
    イメージ 6
    これは『Eggs ‘n Things』の店内のツリーです。
    イメージ 7
    此れはオープンキッチンと客室との境に飾られたサンタさんです。
    イメージ 8
    席は室内の他にテラス席もあります。恋人同士なら寒さも耐えられます。

    0 0

    12月も中旬になれば、気分はクリスマスです。札幌時代に長女が生まれて、飾った「クリスマスツリー」を出してきて。ワイフは孫(長女の娘)の目の前でツリーを飾りました。今はLEDですから電飾も変化するし。コードも無いので安心です。飾り物も随分増えたし変わりました。最後に玄関ドアにリーフを飾りました。
    イメージ 6
    我家のクリスマスリースは貰い物ばかりです。
    「小学生から、お手紙が届きました」
    小学生と云っても7組の生徒です。私が評議員を務めているマンモス小学校は1学年6組ですが、所謂「発達障害児だけが学年縦断的に編成され6学年共通で1クラスあります。それが7組で1年生から6年生まで15人が仲良く勉強しています。10月の「授業参観」では学校の畑で収穫した芋の弦でリースを作っていたのでした。
    リースは一人では作れません。芋弦をリングにしてお友達に抑えて貰っている中にシールで固定して、1週間陰干しすれば頑丈なリングになるのです。
    『お友達が押えてくれたので上手にリングが出来たので”有難う”言って今度は自分が抑え役をしました』発表する生徒を観て教えられました。私はこの授業参観を忘れ難く、「塩の道」を歩いていて松ぼっくりや団栗を拾って7組に届けたのでした。
    お手紙の内容は10月に届けた「松ぼっくりや団栗」の礼状でした。
    イメージ 1
    此れが戴いたお手紙のファイルです。ファイルにしてくれたのがFさんで、ファイルの絵はこのクラスの名が「7組」で、クラスのマスコットが「7色鯨」なのです。鯨は一等夫々に大きく立派ですが7組の鯨は夫々に個性的で、仲良しだからだそうです。鯨はグループで活動します。
    イメージ 2
    此れは手紙の一つです。差出人の字が読めないのでお返事は学校に行って確認しました。7組とは所謂「発達障害」のある子供のクラスです。手紙の差出人は最近自分の名を漢字で書けるようになったのだそうです。私は先生にお名前を確認して、お返事を完成させました。
    処で、生徒達が私に手紙を出してくれたのは。クリスマスリースを飾る松ぼっくりや団栗を届けたからでした。完成したリースは下の写真の通りです。
    イメージ 3
    此れが7組の教室の廊下に吊るされたクリスマスリースです。リースの弦は芋の弦です。学校の中庭の畑で栽培したお芋を収穫して、お芋は焼いて食べたのでしたが弦は未だ若いうちに丸めてリースにしたのでした。私は授業参観でリースを作っている子供達に感動して、偶々「塩の道」の石仏巡りをした時に山道に落ちていた団栗や松ぼっくりを届けたのでした。赤いのは「烏瓜」で小さい赤い実は「弦梅もどき」です。
    イメージ 4
    此れは私が生徒に出した手紙です。
    イメージ 5
    全部お返事を手書きするのは少し骨折りでしたが。宛名が書かれていない手紙は生徒の名を先生に確認する必要があったからです。
    先週は氷川丸でリースを観ました。流石にデザイナーのオリジナル作品でしたから溜息が出るほど素敵でした。
    イメージ 7
    此れは氷川丸の船長室に飾られたプロの作ったリースです。
    お金を出せば素敵なリースが出来ます。でも7組のリース程、リース本来の意味に近いモノはありません。
    リースは日本の門松(歳神の依り代)に近いモノです。
    文化人類学の創始者フレーザーの名著「金枝編」があります。金枝とは「宿木/やどりき」の事です宿木は冬でも常緑です。クリスマスには宿木をリングに飾ってリースを作り、来年の『豊穣・平安』を祈願するモノです。金枝編は命や民俗の伝統を伝える秘密を「宿木」に擬えて著した論文です。
    宿木の葉っぱ一枚一枚バラバラでも根や茎をリングにしているから強く逞しいのです。民俗も同じで個人個人バラバラでは人間は弱いものの習慣や伝統で助け合い集団生活して来たので、霊長類に進化して現代があるとした論文です。
    宿木は常緑でその実は冬の食糧になります。野鳥もリスも宿木の実で厳しい冬を越せるのです。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックお願いします。


    0 0
  • 12/14/17--15:38: 注連縄の民俗
  • ソロソロお正月の準備です。私の役割は「門松」作りです。竹は庭の篠竹を採りますが松は花屋で「若松」を買います。脳梗塞を患う前は12月29日頃に遊行寺を詣で、遊行寺の庭師が門松を作るのを観て、その余りを頂戴していました。遊行寺では50に及ぶ門松を用意するそうで。庭師さんも大変でしょう。遊行寺では、松も竹(真竹)も本堂裏の境内地から伐採して用意しているそうです。小栗判官物語の聖地遊行寺ですから、健康長寿を願うには最適です。
    今年は歳末は自宅で過し門松作りは自力でする予定です。生家の門松も注連縄も私が作っていました。「紙垂」の切り方も身に付いています。今年は11月末に白神山地に出かけ注連縄も沢山観ました。観る度に注連縄にも地方に依って随分違う事に気付きました。私の生活圏で変わった注連縄と云えば鎌倉岩瀬今泉の白山神社の注連縄です。二本の絡まった縄は普通ですが、縄の中間に7本5本3本の細い縄が垂れているのです。しめ縄を「七五三縄」とも書く事を想い出させる縄です。
    イメージ 1
    此れが鎌倉今泉の白山神社の注連縄です。以前次にアップしました。https://blogs.yahoo.co.jp/yunitake2000/29684679.html
    私が加賀の白山神社の神使が百足(ムカデ)だから、ムカデだろうとこのブログでアップしたので何時しかムカデのしめ縄という事になってしまいました。責任を感じます。改めて聞かれれば注連縄は蛇を模した神域と俗界の境を示す縄張りで7本.5本3本の小縄は縁起モノである答えます。
    「注連縄の形は何を模したモノか?」訊かれれば即座に蛇だと答えます。子供の頃と学生時代蛇の交尾しているのを観た事があります。大学生の時観た場所は三輪神社に近い西瓜畑でした。敷き詰められた藁の上で二匹の蛇が注連縄状に絡まって離れないでいるのです。雄のペニスが小さいので確実に子孫を残す為には強く絡み合っていなくてはならないのです。私は山の辺の道で「これから先は三輪大社の神域であるから入ってはならない」言われたような気になりました。しめ縄は聖域と俗界との境を二匹の蛇で明示したモノなのです。お相撲の土俵も注連縄です。

    イメージ 2
    此方は矢張り明日香川上流栢森の注連縄です。雄縄と呼ばれ縄の中央に睾丸状の物体が吊るされています。
    イメージ 3
    此方は上掲写真の2キロ下流明日香川稲渕の棚田の間に吊るされた注連縄です。此方の注連縄は縄と呼ばれ女性自身の形をしています。ペニス状の縄が風で揺れるとリング状の縄に入ったり出たりしてエロチックです。注連縄は縄張りの象徴でありますが、この注連縄は豊穣の予祝になる呪術です。
    注連縄の意匠が蛇である、と云った根拠は各地に在ります。日本最大の注連縄出雲大社のそれは八咫の大蛇を想像させる迫力です。
    イメージ 4
    此れは出雲大社の大しめ縄です。
    イメージ 5
    此方は鷺ノ宮の三輪神社の注連縄です。鳥居の柱から蛇が絡んで鳥居の上から下を通る災厄を飲みこもうとしています。
    処でこの11月末私は白神山地を訪れ岩木山を反時計回りに一周しました。最後は岩木山神社を詣でました。「お白様」が「白山の豊穣の神様であろう」と推測していたので岩木山神社の注連縄に興味を持っていたのでしたが、白山の様なムカデ注連縄では無くて出雲大社と同じ蛇の注連縄で中央に米俵が三つ載っていました。
    イメージ 6
    此れが岩木山神社の注連縄です。
    横浜歴史博物館に新羽の杉山神社の注連縄が展示されています。2週間前実物を観ようと出かけましたが。何時も在る筈の手水の柱には懸っていませんでした。屹度今は製作している新羽中学の校庭に飾られていてお正月に杉山神社に供えられるのでしょう。またこの足の便の悪い神社を詣でなくてはなりません。
    イメージ 7
    此れは横浜歴史博物館に展示されている杉山神社の大蛇注連縄です。第三京浜都築ICに近い神社ですので宅地化が進行して氏子が注連縄を作ることを断念して新羽中学の生徒が製作して奉納しています。

    0 0

    今月は「田の神様」に惹かれました。柿の木坂の「東光寺」に始まり、クリスマスには池袋水天宮の田の神様を観に行きます。私の生活圏には”大和の「常泉寺」にも良い田の神様が居られる、”思い出して地下鉄、小田急と乗り継いで「高座渋谷駅」に降り立ちました。駅から大山に向いて10分も歩けば曹洞宗寺院の常泉寺です。引地川の河岸段丘にある寺で、地勢的にも泉が湧き出るお寺なのでしょう。この寺には河童と羅漢の石像が沢山あります。此処に河童伝説があったわけでも無さそうなので、屹度ご住職の趣味で河童が祀られているのでしょう。河童と羅漢が遊んでいる場面が多いのは、住職が羅漢で、自然や村人が河童なのかも知れません。
    イメージ 1
    此方が大和市の常泉寺です。関東花の寺百選に指定されている寺です。今は冬桜、三俣の花芽が膨らんでいました。
    イメージ 2
    此方は常泉寺の「田の神様」です。九州に多い田の神様ですが、関東は「お茶碗とお杓文字」を持ったスタイルです。
    常泉寺さんで何故「河童)を祀っているのか解りません。近くの引地川は中小河川ですから、河童が住みそうな「淀み」はありません。洪水で災害を受けた筑後川の田主丸は河童で有名です。河童は九州では「河太郎」と呼ばれ愛されています。2年前和歌山県橋本の「刈萱堂」で河童のミイラを拝見しましたが吉野川が紀ノ川に名を変える辺りでした。ミイラは「獺/かわうそ」のように見えました。今年の春は伏見の黄桜酒造の「河童博物館」を見学しました。何処でも河童は「大河」と「水清い」イメージがあります。河童の口は「家鴨」か「小天狗」のようですし。甲羅は亀固有のモノです。悪戯が好きな事素早い動きは「猿」のイメージの妖怪です。妖怪と云っても性格が良いし、何処にでも居そうな餓鬼のようなので、愛される妖怪と云えましょう。私は下戸ですから黄桜さんとは余り仲良く無くて「河童巻き」の方が好きです。本来水神になるべきモノが神になり損ねて、子供の儘でいる「大天狗」になれなかった「烏天狗」のような妖怪です。ソモソモ「妖怪」とは神になれなかったモノか神だったモノが落ちぶれたモノのような気がします。その意味では「河童」は日本人に愛された妖怪のトップでしょう。
    イメージ 3
    此れは伏見の黄桜の「河童博物館です。
    イメージ 4
    此れは清水昆さんの描いた黄桜の河童家族。設定は嵐山でしょう。
    イメージ 5
    常泉寺の境内は花木が多く、樹下には「羅漢」と「河童」の交流する像が所狭しと置かれています。私は羅漢は住職で河童は村民と思っています。ヒガンバナの名所でもあります。
    イメージ 6
    河童はお相撲が好きです。
    イメージ 7
    河童は酒好きでもあります。
    イメージ 8
    河童は勝負好きでもあります。これに加えて「女好き」なら長屋に住んでいる親爺と同じです。河童の傍の「舞孔雀」の札はそのの樹木紫陽花の仲間の品種名です
    河童は相撲が好きで酒が好きなので
    河童は『酒好き・賭け事好き・相撲好き』です。最近の三面記事と同じです。だから自戒の意味も込めて河童の人気は衰えないのでしょう。昨日は湘南鎌倉総合病院に「胃癌」の定期検診(エコー)に行ってきました。ワイフが「目の検診もしておきなささい」口五月蠅いので、何時もより検診の時間が罹ってしまいました。送迎バスが中々出ません。暫く待っていると「頭が禿げ上がったお爺さんが乗車してきました。満員の乗客に向けて「遅れて来た事」を詫びられました。
    更に誰も聞いていないのに独り言を続けられました。
    『私は2020年に満百歳です。いまからオリンピックの柔道を楽しみにしています!』送迎バスが大船駅に到着すると。
    お爺さんはこう言って下車されました。
    『最後に乗って最初に降ろして貰ってすいません。皆さまお達者で!』
    私は河童の様な爺さんの元気な秘訣を知った想いがしました。
    お喋り好きな事、そして柔道が好きな事です。
    あの調子なら「テレビの前に陣取ってお相撲を観戦して喋り通しなのでしょう。
    イメージ 9
    窓際の白髪薄毛のお爺さんがマイペースで憎めません。まるで河童の様なお爺さんでした。2020年には百歳だそうで、屹度充分長生きするでしょう。
    イメージ 10
    送迎バスが到着する大船駅東口には観音様が仰ぎ見られます。


    ブログランキングに参加しています。
    応援クリックお願いします。


    0 0

    配っても配っても食べても食べても無くならない「隼人瓜」です。ソロソロ正月準備に入ろうとワイフは「腰が痛い」泣きながら庭掃除に励んで居ます。
    隼人瓜の蔓も枯れて来たので、ソロソロ撤収に懸ります。今迄食べた中で最高の叔父は味噌煮込みおでんの具にした時でした。大根より歯当たりがしっかりしていて煮崩れません。お味噌は10月に足助に止った時買ってきた八丁味噌を使いました。次回は更に「牛筋」を煮込もうかと思っています。ワイフからは「隼人瓜が健康食でも牛筋を食べ過ぎたらまた血液がトロトロになりますよ!」言われていますが・・・。
    木瓜の木と梅の木の梢に隼人瓜が絡まっています。お蔭で落葉すると直ぐに花芽が見える木瓜や梅ですが来春はお休みのようです。ワイフは「”来年は隼人瓜の好き勝手にはさせませんからね”」意気まいています。でも来年用の隼人瓜は既に準備してあります。
    イメージ 1
    これは梅の木の梢に絡んで実のなった「隼人瓜」です。梅の木も災難でした。
    イメージ 2
    此方は離れの屋根の上で結実した隼人瓜です。台風で転がって傷も在るようですがどうにか食べてしまう積りです。
    私が高校生の頃ミュージカル映画「屋根の上のバイオリン弾き」が上映され、サラリーマン時代には職場の近くの日生劇場でも再三上映されました。慎ましくも勤勉なユダヤ人家族の偏見にも負けずに生きてゆくお話でした。高校生の私にはユダヤ人と云うだけで差別される事に義憤を感じました。
    屋根の上で結実した隼人瓜を観ていると「もう堅くなってしまっていても,公平に全部
    食べてあげなくてはならない」と思えて来ます。
    これから、梢の先の瓜を屋根の上の瓜を下さなければなりません。子供達が帰京する正月を待つか、歳末にするか、梢の先と屋根の上を見上げて溜息をついてしまいます。